オフィスホワイトニングとは?

ホワイトニング

オフィスホワイトニングとは?

オフィスホワイトニングとは、歯科医院で行うホワイトニングのことで、国家資格者が医薬品として登録された薬剤(過酸化水素水、過酸化尿素)などを歯の表面に塗り、医療機器として登録された機器を使って行うホワイトニングのことです。

オフィスホワイトニングで歯が白くなる仕組み

過酸化水素(過酸化尿素は過酸化水素に分解されます)が分解されると、ヒドロキシラジカル(フリーラジカルの1つ)が発生します。このヒドロキシラジカルがエナメル質を通過し、歯の着色の原因である色素分子を分解することにより、歯が漂白されます。このヒドロキシラジカルはあらゆる方向に動くため、ホワイトニング剤を塗っていない部分も漂白され、結果として歯全体が漂白されていきます。

つまり、ホワイトニングの正体は過酸化水素が分解されたヒドロキシラジカルなのです。

このような作用機序のため、通常歯の構造自体は変化せず、歯の表面がザラザラになることはありません。歯の内部の色調が明るくなり、白くなった内部がエナメル質により透過されるため白く見えるというわけです。

オフィスホワイトニングの手順

Step❶ 

 歯の表面の着色除去(+PMTC)

Step❷ 

 色合わせ(シェードテイキング)

Step❸ 

 ホワイトニングジェルの塗布

Step❹ 

 光照射10分×3set

Step❺

 色の確認

オフィスホワイトニングのまとめ

歯科医師や歯科衛生士が行うホワイトニング

医薬品、医療機器として登録されたものを使用

過酸化水素、過酸化尿素の漂白効果により白くなる

1回の施術でも効果が出やすい

歯の表面は傷つけないため安全

痛み(知覚過敏)が出る可能性があるが、症状は一時的なため安心

*ポリリン酸や炭酸カルシウム、メタリン酸、重曹(重炭酸ナトリウム)などは医薬部外品添加物に該当するため、資格がない方でも利用できます。このため、歯科医院以外で行うホワイトニングは漂白効果のないホワイトニングとなっています。あくまで歯の表面を研磨する作用による着色除去効果程度で漂白効果はありません。漂白効果があるのは過酸化水素あるいは過酸化尿素ですのでその点にご注意ください。

ホワイトニングで人気の歯科医院はこちら

透明感が出るホワイトニング|豊明市の歯医者「二村台交差点歯科」
豊明市のホワイトニングは二村台交差点歯科へ。「ホワイトニングしてみたいけど料金が不安。」「ホワイトニングしたけど白くならなかった。」などのお悩みにプロがお応えいたします。豊富なホワイトニング実績がある愛知県豊明市の歯医者。名古屋市緑区・徳重の審美歯科・ホワイトニング対応。
一宮市で女医のいる歯医者・小児歯科も得意 - ゆめの森デンタルクリニック
【土曜日も診療】一宮市で女医のいる歯医者なら「ゆめの森デンタルクリニック」。【小児歯科】を得意とし食育にも注力。【痛みの少ない】治療と女性歯科医師ならではの優しく丁寧な治療を行う歯科医院。矯正歯科やインプラント治療もご相談ください。
タイトルとURLをコピーしました