本当に白くなる分割ポリリン酸ホワイトニングとは?

ホワイトニング

歯科医師が推奨する「分割ポリリン酸ホワイトニング」とは?

分割ポリリン酸®と呼ばれる高分子が歯をコーティングしながら漂白する新しいホワイトニング方法で、「痛みが少ない」「過酸化水素の漂白効果を高めため本当に白くなる」「虫歯・歯周病予防になる」「自然な仕上がりが期待できる」「食事制限がない」を特徴とするホワイトニング方法です。

分割ポリリン酸®は歯の表面の汚れ浮かせることができ、コーティングするため専用のスポンジと分割ポリリン酸®の液を使用するだけでも白くはなりますが、確実に白くするには歯科医師が使用できる35%過酸化水素水と混ぜて使用する必要があるため、歯医者で行うオフィスホワイトニングに該当します。

なぜ推奨するのか?その①「本当に白くなり自然な仕上がりになるから」

従来のホワイトニングシステムでは、どうしても白くならなかったり、漂白回数が増えると歯の表面に凹凸ができ、ざらざらになることもありました。しかしながら、この分割ポリリン酸ホワイトニングは歯をコーティングしながら漂白されるため、漂白剤がしっかりと浸透し本当に白くなり、自然な仕上がりになります。

なぜ推奨するのか?その②「歯に優しく、歯を守るから」

分割ポリリン酸®には、研磨剤などが入っていないため歯の表面を傷つけることなく、コーティングされるため歯を守ってくれます。このため着色しにくくなるだけでなく、虫歯や歯周病予防につながり、自宅でのオーラルケア用品として既に多くの方に活用されています。

なぜ推奨するのか?その③「分割ポリリン酸による骨の再生が報告がされているから」

ポリリン酸は、生体内で合成される高分子のためその長さを変化させた分割ポリリン酸®は生体にとって安全です。その安全な分割ポリリン酸®(中鎖分割ポリリン酸®:平均60個のリン酸が結合した分子を含む)で歯周ポケットを洗浄すると症状の改善が見られ、骨が再生したケースも報告されており、歯周病の治療として注目されているからです。虫歯、歯周病予防だけでなく、骨の再生効果も報告されているため、一石三鳥が期待される製品です。

ポリリン酸ホワイト二ングと従来のホワイトニングとの違い

[table id=1 column_widths=”20%|40%|40%|” /]

分割ポリリン酸ホワイトニングが行える歯科医院はこちら

分割ポリリン酸ホワイトニングは、ただ歯を白くするだけではありません。コーティングすることで虫歯予防・歯周病予防につながり、そうしたお口に対する健口習慣(けんこうしゅうかん)からお口の中の細菌数をできるだけ減らすことで脳梗塞や糖尿病など全身の病気の予防にもつながります

ホワイトニング=単なる美容ではなく、お口の健康さらには全身の健康まで考えて導入している医院はこちらです。

刈谷・安城・知立で抜かない歯の矯正はきしもと刈谷矯正歯科クリニック【矯正専門】
愛知県刈谷市のきしもと刈谷矯正歯科クリニックは、歯を抜かずに1年で治る歯並びの矯正治療ができる専門の矯正歯科です。子どもの矯正(小児矯正)から大人の矯正まで幅広く対応しています。歯並びのガタガタはもちろん肩こり、頭痛、不眠症でお悩みの方もぜひご相談ください。
透明感が出るホワイトニング|豊明市の歯医者「二村台交差点歯科」
豊明市・名古屋市緑区のホワイトニングは二村台交差点歯科へ。「ホワイトニングしてみたいけど料金が不安。」「ホワイトニングしたけど白くならなかった。」などのお悩みにプロがお応えいたします。豊富なホワイトニング実績がある愛知県豊明市の歯医者です。名古屋市緑区・徳重の審美歯科・ホワイトニング対応。
一宮市で女医のいる歯医者・小児歯科も得意 - ゆめの森デンタルクリニック
【土曜日も診療】一宮市で女医のいる歯医者なら「ゆめの森デンタルクリニック」。【小児歯科】を得意とし食育にも注力。【痛みの少ない】治療と女性歯科医師ならではの優しく丁寧な治療を行う歯科医院。矯正歯科やインプラント治療もご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました